このサイトでは英語の語学力に優れたネイティブスピーカーが、英文の整合性などを確認してくれる英文校正を提供しているサービスについてご紹介しています。
日本人をはじめとする母国語ではないスタッフが担当するサービスの中でも、親身になってニーズを汲み取り誠心誠意対応してくれる質の高いものも存在していますが、やはり言語だけではなく文化的背景も熟知し母国語としているネイティブスピーカーには一日の長があります。

英文校正の費用相場

英文校正の費用相場 英文校正の料金は一般的に文章に含まれているワードごとに価格が設定されており、相場では1ワードあたり10円程度が平均的な価格です。
最安値では1ワードあたり4円程度のサービスもありますが、こちらは依頼できる全体の文章量に限りがあったり納期が長くなる傾向にあります。
一方、最も高額なレベルでは1ワードあたり20円を超えるサービスもありますが、万が一ミスが生じた場合には完全に解決できるまで保証してくれたり、一般的な日常会話の英語だけではなく医療分野や工業分野など業界用語、ビジネスの風習も熟知した極めて専門性の高いネイティブスピーカーが英文校正を担当してくれるなど質の高いサービスを提供しています。

英文校正がある翻訳会社に相談してみる

英文校正がある翻訳会社に相談してみる 販路拡大のため、いわゆる英語版のホームページを新規開設したいが、翻訳の腕に自信がない、そんな時は英文校正がある専門会社に相談するのが吉です。
英語は文字通り世界的な言語であり、海外向けにECサイトやオフィシャルサイトを立ち上げる際に重宝します。
ただ日本人の目線で、英文法や単語選び、文章の表現力がベストだと思っても、実際の閲覧者である欧米諸国の人々が違和感を覚えたら本末転倒です。
自社で制作したホームページの文面を英文校正がある専門会社のスタッフに確認してもらえば、修正すべき点とそのまま掲載してよい文が把握できます。
そもそも海外のビジネスシーンで活躍してきた専門家家が働く専門会社に、ホームページの翻訳を最初から依頼するのも良い案です。
現実問題として、地方の中小企業や個人経営の店舗の場合、英語力に自信があるスタッフが社内にいるとは限りません。
最初から海外勤務経験が豊富な翻訳家に、海外ユーザー向けの商品紹介文や企業説明のテキストなどを英訳してもらえば、効率よく欧米諸国、アジア諸国に向けて自社のプロモーション活動が出来るでしょう。
国内では需要が低迷した製品やサービスも、海外では高いニーズが見込まれる事は多く、販路拡大に英訳サービスは貢献してくれます。

英文校正を依頼するメリットとデメリット

海外のクライアントに英文の資料を提出したら、内容に誤解を生む表現があり、打ち合わせでトラブルが起きた、こういったリスクを避けるためには英文校正が必要です。
同じ英語という言語でも、やはり現実問題として日本人のビジネスパーソンと欧米諸国のネイティブなビジネスパーソンでは、受け取り方が変わります。国内では頻繁に使われている表現や英単語も、欧米のビジネスパーソンからすると不快なものに感じられたり、別の解釈になる場合があります。
英文校正を事前に受けて、読みやすくて正しいニュアンスが伝わる資料や契約書を準備しておけばトラブルを未然に回避出来るでしょう。
一方で英文校正のデメリットとしては、依頼する度にコストが掛かる点です。
料金はリーズナブルですが、比較的少量の資料や日常的な打ち合わせのEメールまでプロに英文校正を依頼すると、長期的に経費が膨らみやすいのがデメリットとなります。

インターネット経由で英文校正が依頼できる

ビジネスのグローバル化が進んできた今、翻訳会社の英文校正の必要性は以前にも増して高まって来ました。海外のクライアントとEメールで商談をしたり、ビジネス文書や資料を交換する際、その内容に誤解させるような表現が潜んでいたら大変です。
同じ英文でも日本人が考える表現と欧米諸国のビジネスパーソンが考える表現では、そこにニュアンスの違いがあります。翻訳会社の英文校正を受けておけば、トラブルに繋がりそうな英文を予め摘み取れます。
より欧米諸国のビジネスパーソンに伝わり易い言い回しに修正してもらったり、読みやすいナチュラルなテイストにする事でグローバルな商談や打ち合わせは捗りやすいです。
今や、インターネット経由で英文校正に関する相談は出来ます。
英文校正を依頼したいビジネス文書やEメールなども、インターネット経由で翻訳会社に送付できるので時間も交通費も掛からず、気軽に依頼できます。

英文校正に関する情報サイト

英文校正 論文